アーカイブ

カテゴリー

妄想する女学生たち梅田校で女学生を襲い合法的に全身を変態お触りで撫で回した体験談(3/4)

部屋に入ると、天井からつり革が垂れていて、制服を着た女の子が立っています。そ、痴漢コースでした。姫野さんはまだ後ろを向いて立っているので、そのご尊顔を見ることはできません。しかし、若さほとばしるのが確認できます。スカートの中に手を入れてみます。

部屋に入ると、天井からつり革が垂れていて、制服を着た女の子が立っています。そ、痴漢コースでした。

「では・・お願いします!」

柔らかすぎお尻とおっぱいをもみもみ

姫野さんはまだ後ろを向いて立っているので、そのご尊顔を見ることはできません。しかし、若さほとばしるのが確認できます。

スカートの中に手を入れてみます。

「あぁん」

姫野さんの嬌声が部屋に響きます。ショーツはサテン地でてかてかしていて色は白、フルバックタイプで、まさに品行方正な健全JKが履いているパンツそのものです。お尻はぷりぷりで水を弾きそうです。

我慢できない!姫野さんの顔を見ます。

「!!!!」

童顔で黒髪ストレート、パッチリお目目で、童貞を殺す(私は童貞ではありませんが)というのはこういうことを言うのかと驚嘆しました。

「顔、見られちゃいましたね、私が姫野ひめかです。よろしくお願いいたします!」

可愛すぎる。ヤバい。

「おっぱい揉んでいいですか?」

「もちろん、やさしくしてね」

制服から白いブラが透けています。レースの縁でエロいというよりも清楚です。本当にこういうJKがいて、痴漢できたら・・人生を棒に振ってもいいかも、と性欲がすべてに勝ちそうです。大阪のイメクラってこういう素晴らしい体験ができるんですね。

■おっぱいをもみながら下半身を堪能

制服の中に手を入れて姫野さんのおっぱいを堪能します。Cカップで張りがあり、若さいっぱいのエネルギーをチャージできます。

「気持ちいい、上手ですね」

乳首が固くなっていくのがブラ越しでもわかりました。同時に下半身をお尻から前のほうへ愛撫をします。

「へぁぁん」

姫野さんが感じているのがわかります。ショーツの上から鼠径部に手を這わせます。毛の感触がないので、お手入れしているのか、それとももともと薄いのかどちらでしょうか?

「私ね、痴漢されたときに感じちゃったことがあるんです。変態ですよね、悪いことに体が反応しちゃうなんて・・・もう、困ったなぁ、エッチな気分になっちゃいました」

私はそれを「合図」ととらえて、ブラを外し、姫野さんのおっぱいにしゃぶりつきます。

「っくーー」

数か月前まで現役JKだった女の子のおっぱいを合法的にこのようにできる。男としての征服感がたまりません。しかし本当に張りがあり、未成熟のつぼみという感じです。これで結婚できる年齢の身体なのですから素晴らしいです。

「あああっ」

ちゅくちゅく。

パンツの横から秘部に指を入れてみます。濡れ濡れで驚きました。しゃぶって飲み干したいくらい愛液がしたたり落ちています。この人、本当に痴漢で感じてしまうタイプなのでしょうか?

「我慢できないの、ベッドに行きましょう」