アーカイブ

カテゴリー

妄想する女学生たち谷九店の痴漢プレイで敏感お尻を執拗に鬼弄りして罪悪感を抱いた体験談(4/4)

西とうかさんは黒髪で本当にJKに見間違える容姿をしています。これはヤバいです。胸元までのロングでCカップのバスト、150cmという小柄な身長もたまりません。「見られちゃいましたね」「かわいい、すごく似合っています」「ありがとうございます」

「チュパチュパ」

電車の中なのにフェラの音が響き渡るという「異常事態」です。この異常事態を大いに楽しまなければ・・、というわけで西さんのアイマスクを取ってもらうようにしました。

ようやくご対面!

西とうかさんは黒髪で本当にJKに見間違える容姿をしています。これはヤバいです。胸元までのロングでCカップのバスト、150cmという小柄な身長もたまりません。

「見られちゃいましたね」

「かわいい、すごく似合っています」

「ありがとうございます」

まだ19歳の西さんはほぼJKと言ってもおかしくないです。一通り痴漢プレイも楽しめたので、もう男の本当が抑えられなくなりました。

「痴漢よりももっとエッチなことがしたい、ダメ」

「いいよ、やさしくね」

西さんをベッドに押し倒すと、みずみずしいおっぱいを思いっきり吸ってしまいます。

「や、や、やだ・・」

「おいしい、こんなおっぱい反則だよ」

「優しく乳首をつまんで」

こりこりとした乳首が勃起しています。それを舌の先で転がし、同時に片手で彼女の下半身を攻めていきます。

「あは、あは」

彼女は快楽のあまり、変な声を出しています。こんなに感じてくれるなんて、男としての征服感がこみ上げてきます。

最後は濃厚フェラでフィニッシュ

そろそろ私も出したくなってしまいました、どうせなら寝ている姿勢ではなく仁王立ちで決めたいと思いベッドに立ち上がります。

「これでフェラしてください」

「いいですよ」

仁王立ちの私、ベッドに中腰の西さん、いきり立つペニス。

この3つを俯瞰してみると超エロいことに気づきます。ちなみに西さんの制服はまだ(はだけていますが)着ている状態です。これが電車の中だったら・・とんでもないことですね。

「はぁ、気持ちいい」

どんどん西さんのストロークが早くなっていきます。口内射精OK、ごっくんもOK(有料)ですが、さすがにそこまでお願いするのは気がひけます。

「イキそうになったら言うんで、最後は手コキでお願い」

OKと手でサインをする西さんです。

ああ、もう本当にダメです。

「イキどう、ダメ」

素早く口を抜き、手コキを始めます。

「イクーーー」

思いっきり西さんの手のひらに射精していきます。ドクンドクンと10回以上発射してしまいました。これが手ではなく膣内なら確実に妊娠ですね(笑)。

痴漢プレイで興奮度を高め、かわいい子とそのままエロプレイになだれ込める「妄想する女学生たち」は、男の妄想を掻き立てる素晴らしいお店だということがわかりました。みなさんもぜひこのお店使ってみてください。