アーカイブ

カテゴリー

発情する奥様たち谷九店で逆夜這いドS強制クンニから高速手コキで大量精子垂れ流しの体験談(3/3)

しのさんはショーツをずらして、秘部を私の鼻と口に当ててきます。愛液がもう滴っています。彼女も高まっているのでしょう。「全部飲み干しなさい」グイグイ私の口に秘部を当てるしのさん。陰毛は少なく、とてもクンニしやすいです。

突然、顔面に柔らかい感触が・・。しのさんが顔面騎乗してきたようです。下着はTバックでしょうか?鼠径部も顔に当たります。股間を押し付けてきます。嫌な臭いは全くしません。これがフェロモンなのでしょうか?

「そのまま蜜をお舐めなさい」

アイマスク状態で蜜を飲み干す

しのさんはショーツをずらして、秘部を私の鼻と口に当ててきます。愛液がもう滴っています。彼女も高まっているのでしょう。

「全部飲み干しなさい」

グイグイ私の口に秘部を当てるしのさん。陰毛は少なく、とてもクンニしやすいです。ビラビラは小さめ、クリトリスも勃起してとてもいやらしいです。

膣内に舌を入れてみました。スルッと入って、膣壁も舐めます。汚いはずの場所ですが、臭いは薄くてヒダの感触がよくわかります。この中にペニスを入れられたらどれだけ気持ちよいだろうか、そう思うとまた股間が一段と硬くなっていきます。

蜜をかなり飲み干した段階でアイマスクがとられます。

「さあ、ここからもっと楽しみましょう」

濃厚ヘルスプレイであえなく昇天

アイマスクを外すと、そこには美女がおりました。パネル通り、いや、それ以上に清楚っぽいお姉さんがいました。Cカップで程よいお胸、そしてサラサラヘアーにパッチリな目ともろタイプです。年上系の人のほうが甘えられて私は大好きですね。

「ここからはお互いに楽しみましょう」

いきなり舌を絡めてきます。愛液もよかったですが、唾液の交換も大好きです。お互いに貪り合うよう求めるというのは、平安時代に夜這いしていた男女間でも行われていたことなのでしょう。不思議な気持ちになります。

同時に、タオル越しではなく直接亀頭をこねくり回す手コキもスタートします。男性が喜ぶポイントをすべて熟知していて、亀頭とカリ、竿、玉の攻め方、配分が完璧です。どこでこんなテクニックを身に着けたのでしょうか!?

「どう、気持ちいでしょう」

そういうしのさんのおっぱいを私は一心不乱にしゃぶり続けます。本当にきれいな乳首で、しゃぶっていても一向に飽きません。まるでママのおっぱいを飲んでいる赤ちゃんのようです。

オイルをつけての手コキが激しくなりました。

「あぁ、あっ、あああー」

舌を絡ませながら、高速手コキによってあっという間に果ててしまいました。

見た目の清楚感とアイマスクをつけていた時の乱倫さんのギャップがすごいしのさんでしたが、こういう人が妻だったら本当に毎晩大変(意味深)だなーと思うのでした。大満足な1日となりました。